レコードを聴くという贅沢な時間

音楽を聴く方法として、ダウンロードやストリーミングが主流の今、CDを聴くことすらめんどくさいと言われているとか…。
そんな中、なぜあえてレコードを聴くのか?
レコードを聴くのはめんどうくさくないのか?

はっきり言ってレコードを聴くという行為は、めんどうくさい事かもしれません。
しかし、そのめんどうくささを求めてレコードを聴くのではないでしょうか?

デジタルに慣れてしまっている現代人。
音楽を聴くためには、ボタンやクリックなど指の操作だけで済み、何アクションも必要ありません。
しかし、レコードは聴くまでに何工程も必要となります。

でも、それが楽しいのです。
それが音楽に向き合うという事なのです。
CDやスマホ、音楽プレイヤーの中の音楽は簡単に選べ、簡単に曲を飛ばすことができます。
ですが、レコードは曲を変えるには、また違うレコードをプレイヤーにセットしたり、針を操作したりしなければなりません。
デジタルにはない、そういっためんどうくささもレコードの魅力だと思うのです。

レコードラックから何を聴こうかと選び、プレイヤーにセットし慎重に針を落とす。
ジャケットや歌詞カードを眺めつつ、ソファーに座り飲み物を飲む。
なんて贅沢な時間なのでしょう。

こういった、音楽とじっくり向き合うという行為は、心のゆとりがないと作れない気がします。
忙しい時に、わざわざこんな手間のかかる行為はしたくないですものね。
だからこそ、レコードを聴くという行為は、とても有意義で贅沢な時間、生活の中の清涼剤といえるのです。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。