MDのデジタル化 / CD化サービス〜コンセプト

音楽の聴き方は、時代の流れと共に形を変えてきました。
レコードやカセットテープからCDへと移り変わり、現在はCDよりもダウンロードやストリーミングなどのデジタル配信が主流となりつつあります。その流れの中で、かつてMD(ミニディスク)が存在していたことを覚えていますでしょうか?

人気のあったアイテムですが、いつしか時の流れと共にその存在は薄くなっていき、MD、再生機器ともに店頭であまり見かけません。
そのため、「想い出のつまったMDを今では聴くことができない」という方も多くいらっしゃるかと思います。

弊社では、MDのデジタル化サービスを行っております。

MDでしか聴けない音源をお持ちではないですか?
あなたの愛した音を、もう一度CDで蘇らせてみませんか?

MD(ミニディスク)とは

1992年にソニーが発売したMDは、カセットテープに変わる録音媒体として、とても人気がありました。デジタルオーディオの光学ディスク記録方式のため、カセットテープよりも高音質で、小さく薄く持ち運びにも便利。74分、80分と録音時間が長く、レコードからCDへの移り変わりとともに、アルバム1枚の収録曲数が多くなったことに対応できる点でも優秀でした。

カセットテープは、録音時間が長くなるとテープ自体が薄くなるため、伸びやデッキへのからまり、切断などトラブルが起きやすいのが難点。MDはそういったトラブルがなく音質もよかったため、カセットテープに変わるアイテムとして人気となっていったのです。

MDの衰退

しかし、MDの人気は長くは続かず、パソコンの普及で2000年代にはその人気に陰りが・・・。パソコンから録音できるCD-R、CD-RWに加え、デジタルオーディオプレイヤーの登場もあり、MDの存在は薄くなっていきました。ソニー以外のメーカーは生産から撤退し、それにともないMDを再生できる機器も店頭ではあまり見かけなくなっています。

MDをデジタル化するメリット

MDをデジタル化することで、CDプレイヤーやパソコンで聴くことができ、スマホやデジタルオーディオプレイヤーにも取り込めますので、いつでもどこでも好きな音楽を聴くことができます。また、デジタル化することで音質の向上が図れます。

MDは音声圧縮により、CDに比べて情報量が劣ります。そのため、MDで聴くよりも音の広がり、ボリュームの向上などを感じていただけるのではないかと思います。

想い出のつまった大切なMDをもう一度聴いてみませんか?

弊社では、原音に近い形での再現、音質の向上に努めてCDへダビングしております。MDをデジタル化することで音楽を聴く環境は広がります。

そのお手伝いをし、皆さまに喜んで頂ければと思っております。

原音に近い高音質でCDへダビングいたします。

MDはあるが再生機器が無い。
・慣れ親しんだCDで普段どおり音楽を楽しみたい。
・スマートフォンでMDの音源を楽しみたい。

などの理由でMDの音楽鑑賞を諦めている方にお勧めです。

料金について

MDのCD化・デジタル化 料金表

収録時間料 金内 訳
~30分2,500円・ノイズ除去
・音量調整
31分~60分3,000円
61分~90分4,000円
91分~5,000円

■詳しくは料金表ページをご確認ください

MD内全曲録音 ご注文

カセットテープ・レコード・MDのデジタル化CD化録音 全国対応可

北海道・東北(青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島)、関東(東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨)、信越・北陸(新潟/長野/富山/石川/福井)、東海(愛知/岐阜/静岡/三重)、近畿(大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/和歌山)、中国(鳥取/島根/岡山/広島/山口)、四国(徳島/香川/愛媛/高知)、九州・沖縄(福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄)