斬新なカセットテープ AXIA

カセットテープと言えば、誰もが好きなブランドやこだわり等があるのではないでしょうか。

筆者は、一番好きなアーティストの音楽はマクセルUDⅡに録っていました。

個人の感想ですが、なんとなく一番音がよい気がしていたのです。

それに持っているデッキとの相性ってあると思うのです。

我が家にあったパイオニアのステレオでは、マクセルUDⅡが一番良い音で聴けていた気がします。

 

いろんなメーカーからカセットテープは発売されていましたが、斬新だったのがAXIAです。

1989年に発売したスリムケースは、従来のケースよりも20%厚みを薄くしたもので大ヒットしました。

テープの入れ方も今までとは違い、逆さまに入れるという斬新な方法。

 

1985年に初代AXIAは発売されたのですが、斉藤由貴さんをCMキャラクターに起用し、もともと人気はあったブランドです。

テープ自体もシースルーで半透明なデザインのもので、筆者もお気に入りのブランドの一つでした。

 

スリムケースを初めて見た時は、その薄さにびっくり!

スリム化により、ごちゃごちゃとかさばるカセットテープの収納力は大幅にアップ。

家はもちろん、車の中に置いておくにもとても便利でした。

 

スリムケースのAXIAが登場してからは、ほぼこればかり使っていました。

シースルーのデザインはそのままに、ケースのふちは少し丸みを帯びていて、手になじみやすい点もよかったです。

AXIAは、カセットテープ業界に革命を起こしたともいえる斬新な商品でした。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。