ジャケ買いもレコード購入の醍醐味

デジタルとは一味違った温かい音質が人気のレコードですが、音質だけでなく、レコードには他にも楽しみ方がたくさんあります。その一つに、アルバムのジャケットやピクチャーディスクを鑑賞する「見る楽しみ方」があります。

特にジャケットはレコードの顔そのもので、アルバムの内容を記憶にインプットさせるだけでなく、ジャケットの写真やイラストそのものが一つのアートとして捉えることができるため、眺めているだけでも楽しい時間を過ごすことができます。

ジャケットには、そのアーティストと制作側の思いやメッセージが込められている場合が多々あり、その意味合いがどのようなものなのかを音楽と共に想像を巡らせてみるのも面白いものです。

その他には、ジャケ買いという楽しみ方もあります。ジャケ買いとは、アルバムに収録されている内容は全く分からない状態で、単にジャケットの見た目やインパクトだけでレコードを購入するというものです。

ジャケ買いは、音楽的嗜好の当たりはずれがどうしても出てきてしまいますが、ジャケットそのものをアートとして楽しめるので、レコード購入の一つの醍醐味として試してみる価値はあります。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。