カセットテープの巻き付き防止対策

長時間カセットテープを使用していると、突然音質が悪くなったりテープが巻き付いたりすることがありますが、この原因のほとんどは、定期的なカセットデッキのメンテナンス不足によるものです。

カセットデッキのメンテナンスは、大掛かりなものになるとゴムベルトやヘッド、コンデンサー、ディレイなどの交換が必要になってきますが、これらの専門的なメンテナンスはプロにお任せするとして、日々チェックできるメンテナンスもあります。

日々チェックできるカセットデッキのメンテナンスは、ヘッドやピッチローラー、キャプスタンの汚れ落としで十分です。まず、ヘッドの汚れ落としはクリーニングテープをカセットデッキにセットして再生ボタンを押すことでクリーニングをおこなうことができます。

次にピッチローラーとキャプスタンの汚れ落としは、市販のクリーニングキットを使用することで簡単にクリーニングすることができます。カセットデッキのクリーニングは、使用する頻度により異なりますが、目安としては40時間に1回程度です。

大切なカセットテープの音質を維持させるためにも、日々のメンテナンスはおこないたいものです。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。