意外と知られていないカセットの保管方法

カセットテープの保管についてコンパクトで持ち運びに便利なカセットテープは、磁気テープがカセットハーフと呼ばれる固い容器に収まっていることもあり、使い勝手が良いように思われがちですが、カセットテープは、必ず専用のケースに戻して保管するようにしましょう。

それ以外にも、カセットテープの保管には注意点がいくつかありますので、今回はカセットテープの保管方法のポイントをお伝えしていきたいと思います。

カセットテープは専用のケースに戻したら、高温多湿で直射日光が当たらない場所に保管するようにしましょう。次に、埃が多い場所は当然ながら避けるべきです。そして、強く磁気が発生する場所は避けるようにしてください。

あと、案外忘れがちなのがテープの巻き戻しです。カセットテープは、曲の途中で放置するとテープが変形する原因につながり、音質が悪くなる恐れがあります。面倒ですが、必ず巻き戻しをしてから保管するようにしましょう。

カセットテープの保管方法についてポイントをお伝えしましたが、要は、急激な温度差が生じない清潔な場所が理想です。日本は湿度が高いので、乾燥剤を利用するのもおすすめです。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。