見直されるカセットテープの魅力

デジタル配信が主流となりつつある音楽市場で、昨今カセットテープが再び脚光を浴びています。

近年では、カセットテープで新譜をリリースするアーティストも増え、オーディオマニアだけでなく、デジタル世代の若者たちをも巻き込み、老若男女問わず盛り上がりを見せているというから驚きです。

カセットテープの魅力は、温かくて柔らかな音質に加え、デザイン性もさることながら、コンパクトに取り扱える本体とパッケージ、そして、何よりも音と対峙するかのようにじっくりとリスニングを堪能できる点です。

音が聞こえるまでの間を楽しみ、A面B面をセットし直す行為は、カセットテープだからこそ味わえる醍醐味だといえます。また、アナログならではの心地よい音の歪みは、どれだけ技術が進歩しても、デジタルで物理的かつ忠実に再現することは難しいでしょう。

カセットテープは、最新のデジタルオーディオのような利便性はありませんが、多少不便であっても、音をモノとして扱うことができ、コレクターのように収集できる喜びもあり、そうした価値観が見直されていることは、一音楽ファンとしてとても喜ばしいことです。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。