TOSHIBA Walky

1980年代に、SONYのWALKMANを始めとしたポータブルカセットテーププレイヤーが流行しました。

どこでも気軽に音楽を持ち運べて聴ける、ということが話題に。 各オーディオ機器メーカーからいろんなプレイヤーが発売されましたが、第一人者であるSONYのWALKMANが一番人気でした。

筆者もWALKMANが欲しかったのですが、実際に購入したのはTOSHIBAのWalkyでした。 このWalkyは、女優の原田知世さんがCMをしていてとてもかわいかったです。

筆者が買った機種は、三角にカットされた窓から中のカセットテープが見えるデザインで、とてもおしゃれでした。 なぜ欲しかったWALKMANではなくWalkyを買ったかというと、単純にWALKMANより安かったからです。

筆者の高校では、修学旅行で東京方面に行くことになっていたので、家電製品が安いという秋葉原で買おうと友達と計画しました。 WALKMANは当時3万円弱だったと思うのですが、まだ子供だった筆者は秋葉原では1万円ぐらいで買えるのかな~と甘い考えでいました。

実際の価格を見てがっかり…。

それで、少し安かったWalkyを購入することに。

地元の電器店とあまり変わらない価格だったので、秋葉原で買った意味は?と思いますが、帰りの道中で聴くつもりで持って行ってたたくさんのカセットテープを聴くことが出来たので、大満足なのでした。 今でも、Walkyで聴いていたカセットテープの音質を想い出すことが多々あります。

この気持ち、共感してくれる人も多いのではないでしょうか?

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。