BS12「ザ・カセットテープミュージック」がおもしろい

「ザ・カセットテープミュージック」という番組をご存知でしょうか。
BS12トゥエルビで、毎週日曜夜9時から放送されている番組で、筆者はこの番組が大好きです。 https://www.twellv.co.jp/program/music/cassettetapemusic/

俳優でありミュージシャンのマキタスポーツ氏と、音楽評論家のスージー鈴木氏が、主に1980年代の楽曲を独自の理論で熱く語りつくす番組なのですが、とってもおもしろいのです。

「音楽好きおじさん」の二人が、洋邦問わず歌謡曲、アイドルからロック、ポップス、AOR、インスト…様々な楽曲を取り上げます。 番組ロゴにはカセットテープが使われており、スタジオには懐かしい赤いラジカセも。 カセットガールと呼ばれるアシスタントが、ラジカセの再生ボタンを押す演出も心をくすぐります。

「ガッチャマン進行」「ソ♯」「ミファミレド」などの独自の言葉を交え、音楽についていろいろな角度から解説を繰り広げます。 楽器が弾けなくてもコードがわからなくても理解できるし、ためになります。

GLAYのTAKUROさんが出演した回での、シティポップに関する論争「シティVSアーバン」は個人的にとてもおもしろかったです。 CS日テレプラスでは、12月28日に「ザ・カセットテープミュージック」の一挙放送をするそうなので、CSが試聴できる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

押し入れにしまったままの、懐かしのカセットテープを探してみたくなるかも?

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。