スタイルカウンシル マクセル カセットテープCM

2021年5月14日にリリースされたポール・ウェラーのアルバム「Fat Pop」は、全英アルバムチャート1位を獲得しました。 前作の「On Sunset」も1位。相変わらずのカッコよさで多くのファンを魅了しているポール・ウェラー。

ポール・ウェラーと言えば、イギリスのバンド、ザ・ジャムを経て、スタイルカウンシルのボーカル&ギターとして有名。 ソロになってからも、ポール・ウェラーは多くの人々に影響を与え、若い世代のアーティスト、バンドにリスペクトされています。

若い頃の彼もカッコいいのですが、年齢を重ねた今の彼もとてもカッコいい。 シブさが加わり圧倒的な存在感、彼ならではの音楽で私たちを楽しませてくれています。

1980年代半ば、日本でも絶大な人気を誇っていたスタイルカウンシル。 1986年には、マクセルのカセットテープのCMに出演していました。 なんてぜいたくな時代だったのでしょうか。

スタイリッシュで洗練されたスタイルカウンシルの音楽と、「音を着る」というキャッチコピーがマッチしたおしゃれなCMでした。 使われている曲は「 It Didn’t Matter」で、1987年のアルバム「The Cost of Loving」に収録されています。

この頃は、まだカセットテープ全盛期。 カセットテープのCMに出演するアーティストは、時代を象徴する人物だったと思います。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。