アルバムをカセットテープで買う理由

アルバムを買う時、レコードとカセットテープどちらを選んでいましたか?

1970~1980年代のレコード全盛期の時代、多くのアーティストはアルバムをリリースする際、レコードとカセットテープの両方を販売していました。

レコードとカセットテープどちらを選択するのか。

筆者はレコード一択です。カセットテープで購入したことはありません。 理由は、レコードに比べて小さく、歌詞カードも折りたたまれてしわがついている、なにより聴いているうちに伸びて劣化するのが嫌だから。

カセットテープで買う理由とは? それはきっと、便利だから。

もちろん、カセットテープのあたたかみのある音や優れた音質が好き、という理由の人も多いでしょう。 筆者の中学生時代、いつもカセットテープでアルバムを買う友達がいました。 理由を聞くと、「簡単にすぐ聴けるから」でした。

買ってすぐ、カーステレオやウォークマンなどで聴けたり、レコードからカセットテープにダビングする手間も省けたりと、確かに便利でしたよね。 それは、今にも通じています。

今、レコードを聴きたいと思ってもプレイヤーがなく、新しく買うことはちょっと躊躇してしまうかも。 でも、ラジカセなら安いものなら数千円なので、わりと手軽に買えますよね。 昔も今も、カセットテープは簡単、手軽で便利なアイテムなのです。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。