DAWでアナログレコードをデジタル化する方法(2)

前回は、自宅でアナログレコードをデジタル化する方法としてデジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)とオーディオ・インターフェイス(以下Audio I/F)を紹介しました。

DAWとAudio I/Fは、プロのレコーディングでも標準で使用される機材ですが、初心者向けでも高音質で録音と編集が可能な商品が各メーカーから販売されていて、そのほとんどがDAWとAudio I/Fとのセットで購入することができます。

こうした初心者向けのセットは、Audio I/FにDAWが付録しているようなかたちですので、DAWは若干機能面に制約があります。しかし、アナログレコードをデジタル化する場合の基本的なダビング機能は申し分ありません。

感覚としては、Audio I/FとDAWによるオーディオのデジタル化は、レコードからカセットテープへのダビングとよく似ています。決定的な違いは、デジタルファイルとして記録するという点です。

近年のAudio I/FはCDを上回る高音質な録音・再生に対応しているため、生々しいサウンドを堪能することができます。ただし、Audio I/Fを通してのDAWによる録音は、ノイズ除去機能がない場合もあります。

次回はノイズ除去の方法についてお伝えしていきます。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。