DAWでアナログレコードをデジタル化する方法(1)

レコードの良さは、何と言ってもアナログならではの温もりのあるソフトな音質でしょう。その独特の質感は、デジタル音源やストリーミング配信の音に慣れた若い世代からも注目を集めています。

しかし、レコードはデジタル音源と同じように、いつでもどこでも気軽に持ち出して音楽を楽しむことはできません。そこで、今回かれ数回に渡って、自宅でも簡単にレコードをデジタル化する方法をお伝えしていきたいと思います。

自宅で気軽にできるレコードのデジタル化は、オーディオ・インターフェイス(以下Audio I/F)をパソコンに導入する方法です。Audio I/Fとは、パソコン上でのデジタル信号をアナログの音声信号に変換するために使用する機器です。

現行のAudio I/Fの多くは、デジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)が付属しています。DAWは、主に音楽制作用として利用されますが、デジタル録音やノイズ除去なども簡単におこなうことができます。

つまり、Audio I/FとDAWがあれば、パソコン上で気軽にレコードのデジタル編集が可能なのです。次回は、Audio I/Fの購入方法や導入の方法なども含めて、もう少し詳しくお伝えしていきます。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。