ワイヤレスで楽しむカセットテープ

カセットテープのリスニングは、1970年代にラジカセが普及すると、音楽を部屋から外に持ち出すことが可能となり、1979年にウォークマンが発売されると、誰にも邪魔されず、いつでもどこでも音楽を気軽に楽しめるようになりました。

この過程は、実に革新的で、これまでの音楽の楽しみ方を大きく変えることとなり、主流になりつつある現在のストリーミング配信やハイレゾ音源への開発にも、少なからず影響を与えていています。

一度は衰退したカセットテープですが、デジタル化された音楽に慣れた若い世代を中心に再び注目されていることを考えてみると、カセットテープによるリスニングは、単なる一過性の流行ではなかったことが理解できます。

そんな中、カセットテープのリスニングは、デジタル音源をリスニングするのと同じ感覚で、ワイヤレスによる再生で楽しむスタイルが注目されています。もちろん、それに対応する商品もありますので、興味のある方はぜひネットで検索してみてください。

カセットテープは、ワイヤレスでも温もりのある音質を堪能できるため、プレイヤーだけでなく、対応するアンプやスピーカーでも楽しむことが可能です。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。