カセットデッキの選び方

カセットデッキは現在も新商品で購入できるので、やはり1台目は現行の商品の購入がベストでしょう。というのも、カセットデッキはCDやMDと異なり、常にメンテナンスが必要だからです。

もちろん、CDやMDも精密機械に変わりありませんので、長く使い続けるためには、最低限のメンテナンスはおこなうべきでしょう。ただ、カセットデッキは、使えば使うほどテープに接触する部品が消耗していきます。

特に、ピンチローラーやキャプスタン、ヘッドは定期的な清掃が必要で、おろそかにすると正確な録音や再生ができなくなるだけでなく、テープを巻き込んだりする恐れも出てきますので、メンテナンスに慣れていない初心者にとっては不安なものです。

しかし、現行の商品なら故障の際にメーカーで対応してもらうことが可能です。そして、使い方やメンテナンスの方法に慣れてくると、少しずつトラブルへの対処ができてきますので、1台目は知識への投資のような感覚で購入することをおすすめします。

それと、けっこう見落としがちなのが通電作業です。カセットデッキだけにかかわらず、オーディオ機器は最低でも月に1回は電源を入れるようにしましょう。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。