レーザーターンテーブルでのハイレゾ化をおすすめする理由

レコードをデジタル化、CD化したい、という方は多いでしょう。レコードプレイヤーで再生したものをCD化、デジタル化することもできます。

ですが、もっと音質にこだわるのであればレコードをレーザーターンテーブルで再生し、それをハイレゾ化することをおすすめします。理由は、圧倒的に音が良いからです。

レーザーターンテーブルの特徴は、針を使わずにレコードを再生すること。レコードプレイヤーでは拾えなかった音も拾うことができ、レコードの原音に近い音を感じることができるのです。

アナログ特有のあたたかさは残しつつ、もっと細部まで聴きとることができます。全体の音のバランスがとてもよく、奥行きや立体感があり「アーティストが表現したかった音」を感じることができるのです。

それをハイレゾ音源にすることで、圧倒的な音質の良さを感じることができますし、パソコン、スマホ、携帯音楽プレーヤー…と、どこでも音楽を楽しむことができます。

レーザーターンテーブルで再生しそれをハイレゾ化したものを聴いてみると、それまでの音との違いは一目瞭然ならぬ「一聴瞭然」です。筆者も実際に聴いてみて、その音の違いに驚きと感動を隠せません。

もちろん、音の好みもあるのでレーザーターンテーブルやハイレゾでなくても良い、というのも一つの選択です。より音質の良さを求めるのであれば、一度レーザーターンテーブルでのハイレゾ化を体験してみてはいかがでしょうか。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。