リスニングはノーマルポジションでも十分

現在生産されているカセットテープはノーマルポジションのみで、以前に生産されていたハイポジションやメタルテープは、現品で購入するしか方法はありません。

カセットテープが全盛を極めていた頃、中音域から高音域まで無難に再生できるハイポジションは確かに人気でしたが、低音域に伸びのあるノーマルポジションの再生も実に魅力的なものです。

カセットテープの録音と再生の面白さは、音楽のジャンルやソースによって使い分けるところにあります。例えば、クラシックのオーケストラやビッグバンドといった、ダイナミックレンジの広い音楽にはメタルテープが向いています。

しかし、高音域に関してメタルテープほど伸びはないものの、ノーマルポジションの再生音は味わい深いものがあり、工夫次第では十分にリスニング用として活用することができます。まずは、先入観なしで実際に使用してみることがポイントです。

ノーマルポジションで様々なジャンルの音楽を録音していると、そのカセットテープの得手不得手が見えてきます。そして、ノーマルポジションの再生音ならではの魅力も見えてくるので、まずは録音と再生を楽しみましょう。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。