カセットテープをジャンルごとに使い分ける

今現在、商品として生産されているカセットテープはノーマルポジションのみで、ハイポジションやメタルテープは、現品かリサイクルされたものしか入手することはできません。

ノーマルポジションのカセットテープは、普及型のもっともグレードの低い品質ではありますが、録音する際の工夫次第では、ほとんどのジャンルをカバーすることができます。しかし、本来なら、それぞれのジャンルに合うものを使用したいところです。

ノーマルポジションは、基本的に低音域の再生が得意で、主に低音が強調されるドラムや打楽器の録音に適しています。一方、ハイポジションは、中音域から高音域の再生が得意なので、ほぼすべてのジャンルをカバーできます。

そして、ノーマルポジションとハイポジションのどちらの特性をもカバーできるのがメタルテープで、リスニングだけでなく、マスターテープとしての利用も可能です。

お手持ちのカセットデッキが、すべてのグレードのカセットテープに対応しているかにもよりますが、ハイポジションやメタルテープを入手する機会があれば、ノーマルポジションとの音質の違いをぜひ味わってみてください。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。