時代を超えて愛される「クリスマス・イブ」

J-POPで一番多く聴かれているクリスマスソングといえば、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」ではないでしょうか。

たくさんのアーティストがクリスマスソングを歌っていますが、やはり日本のクリスマスソングといえば「クリスマス・イブ」。 クリスマスのスタンダードナンバーになっていますよね。

「クリスマス・イブ」は、もともとは1983年6月8日リリースのアルバム「MELODIES」に収録されており、同年12月14日に、3万枚限定のピクチャー・レコードとしてシングルカットされました。 この曲が全国区になったのは、JR東海のCMソングに起用されてからでしょう。

中でも、女優の牧瀬里穂さんが出演した、1989年のクリスマスエクスプレスはとても印象的。 同年11月公開のラブコメディ映画「君は僕をスキになる」でも、主題歌として使われています。

山田邦子さん、斉藤由貴さん、加藤雅也さん、大江千里さんの4人が繰り広げるストーリーに、とてもすてきな彩りをそえています。

音楽を聴く環境は、レコードの時代からCD、ダウンロード、配信、サブスクリプションと、時代と共に変化してきました。 配信に積極的ではなかった達郎さんですが、数曲は解禁されており、その中の一つが「クリスマス・イブ」。

「クリスマス・イブ」は、音楽がアナログからデジタルへと変化しても、レコードでもCDでも配信でも聴くことができる、まさに時代を超えて愛される名曲ではないでしょうか。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。