名盤 ドナルド・フェイゲン「The Nightfly」

スティーリー・ダンのメンバー、 ドナルド・フェイゲンが、1982年にリリースした初のソロアルバム「The Nightfly」。

名盤として知られるこのアルバムは、完全にデジタル録音で収録された、最初期のポピュラーミュージックの一つと言われています。

録音技術の高さ、サウンドのバランスの良さで、ライブ会場では、このアルバムを流してサウンドチェックするPAエンジニアが多いそうです。

この「The Nightfly」は、楽曲の素晴らしさはもちろんですが、アルバムジャケットもとてもカッコよく素敵だと思いませんか?

ターンテーブルを前に、肘をつきタバコを持つ、白いシャツのドナルド・フェイゲン。 モノクロなのがとても絵になり、思わずジャケ買いしたくなります。 もちろん中身に外れなしです。

素敵なジャケットの「The Nightfly」は、思わず真似したくなるようで…。 サザンオールスターズの桑田佳祐さんは、雑誌「SWITCH」の表紙で、シンガーソングライターのKANさんは、自身のアルバム 「la RINASCENTE」で、ドナルド・フェイゲンに扮してオマージュしています。

多くのアーティストに愛される名盤「The Nightfly」。 部屋でジャケットを眺めながら、レコードで聴きたくなるアルバムです。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。