菊池桃子さん ジャケットが美しい初期3部作

先日、菊池桃子さんの全楽曲が、サブスクリプションで配信解禁になりました。 アイドルとしてデビューした桃子さんですが、シティポップとして日本はもとより外国でも人気なのです。

初期のアルバム3部作、1984年の「OCEAN SIDE」、1985年の「TROPIC of CAPRICORN 〜南回帰線〜」、1986年の「 ADVENTUR」。 清涼感あふれるサウンドに甘いボーカルは音楽ファンからも評価が高く、アイドルとアーティストの間…アイドルシティポップといったところでしょうか。

これらのアルバムでは、全ての作曲・編曲をヒットメーカー林哲司さんが行っています。 林さんは、杉山清貴&オメガトライブの楽曲も手がけており、オメガサウンドと呼ばれるAORテイストの音楽はシティポップの代表格。

は、桃子さんは、杉山清貴&オメガトライブの妹分として同じ事務所のトライアングルプロダクションからデビューしています。 オメガトライブ、桃子さんの楽曲はトライアングルサウンドとも呼ばれ、その良質なポップスは1980年代の象徴ともいえるかもしれません。

また、桃子さんの初期3部作は楽曲はもちろんのこと、レコードジャケットもとても美しく素晴らしいのです。 アイドル然としてではなくアーティスティックなアートワークは、当時から話題となっていました。

世界からも評価される桃子さんの良質なシティポップ、美しいレコードジャケットと共に楽しんでみてはいかがでしょうか。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。