太陽誘電のカセットテープ「That’s」

2021年の東京オリンピックでは、女子ソフトボールが13年ぶり2度めの金メダルを獲得し大きな話題となりました。 選手たちのプロフィールに「太陽誘電ソルフィーユ」所属というのがあり、もしやと思って調べてみるとあの太陽誘電でした。

太陽誘電は、各種電子部品の開発、製造、販売を行う会社ですが、1980年代にはカセットテープのブランドとして知られていました。 太陽誘電というより「That’s」ブランドと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

「That’s」という少し丸みを帯びたロゴが印象的で、SONY やTDK、日立マクセルなどよりも比較的安価で人気があったと思います。

SONYやTDKなどがカセットテープ本体にメーカー名をプリントしていたのと違い、太陽誘電は「That’s」としかプリントしていませんでした。 そのため「That’s」というメーカー名と思っていた人も多かったようです。

カセットテープ、ビデオテープ事業からは撤退した「That’s」ですが、ブランドはCD-R、DVD-R等に引き継がれ、近年では記録メディアのブランドとして知る人も多かったでしょう。

しかし、それも事業撤退して「That’s」ブランドは残っていないようで少し寂しく感じました。 よく聴いていた音楽は、どのブランドのカセットテープに録音していたかはっきり覚えているもの。想い出の音楽と共に「That’s」の文字が浮かんできませんか?

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。