レコードをディスプレイする楽しみ

レコードの魅力の一つとして、ジャケットの大きさがあります。

CDと違い大きいので圧倒的な存在感があり、目で見て楽しむことができます。

レコードショップに行って、ずらっと新譜が並んでいた時は、とても心がときめいたものです。

各レコードメーカーも、サイズの大きいアルバムジャケットに、力を入れていたように思います。

特にファンではないアーティストであっても、ジャケットが素敵だと「おっ!」と目を引きますし、それがいわゆるジャケ買い(ジャケット買い)につながることもあるからです。

音楽ファンであれば、誰しも好きなアルバムジャケットの一つや二つはあると思います。

そんなアルバムを、お部屋に飾ってみるのはいかがでしょう。

フレームに入れたり、そのまま立てかけたり、専用のラックに入れたりと、さまざまな飾り方ができます。

プレイヤーがなく家でレコードを聴けない…だからずっとクローゼットや押し入れの奥にしまいっぱなし…。

でしたらお気に入りのアルバムは、お部屋に飾ってみませんか?

きっと素敵なインテリアになり、そのアルバムへの愛着もさらに強まるのではないかと思います。

注意点として、レコードは樹脂でできており熱に弱いので、極端に暑い場所、直射日光の当たる場所、湿気の多いところは避け時々はお手入れをしてくださいね。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。