ザ・ビートルズ なぜ「ホワイトアルバム」?

8月に劇場公開予定だった話題のザ・ビートルズの映画「ザ・ビートルズ:Get Back」は、11月にディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)での配信となりました。 Disney+加入者なら誰でも見られるので、お家で気軽に楽しめそうです。

ところで、ザ・ビートルズのアルバムには、アルバムタイトルとは別に通称「ホワイトアルバム」と呼ばれるものがあります。 正式のタイトルは「ザ・ビートルズ」で、英国盤の公式アルバムとしては9枚目になります。

なぜ、「ホワイトアルバム」と呼ぶのでしょうか。 それは、単にアルバムジャケットが真っ白だからとの事。

バンド名とアルバムタイトルが全く同じというのも、なんだかややこしくなってしまいそうなので、「ホワイトアルバム」と呼ぶのが簡単でわかりやすいかもしれませんね。

そして、レコードは通常、1枚の裏表がA面、B面となっていますが、「ホワイトアルバム」では2枚目の裏表がC面、D面となっています。 レコードにはA面、B面以外もあるのです。ちなみにポリドール社のレコードは1976年までD面、S面と呼んでいたとの事。

CDやダウンロード、サブスクリプションなどで聴くことができるザ・ビートルズですが、「ホワイトアルバム」はC面、D面が存在するレコードならではの仕様となっているのです。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。