カセットテープのレタリング

レコードをカセットテープにダビングした後の楽しみの一つが、インデックスカードにアーティスト名、アルバムタイトル、曲目を書くこと。 手書きかレタリングか、悩むのも楽しかったのです。

1980年代、レタリングシートというのが流行っていました。 レタリングシートとは、主にアルファベットや記号が印刷されたもので、紙にあてて上からこすると文字が転写されるというもの。このレタリングシートでインデックスカードを作ると、統一感ができてカッコよかったのです。

当時のレタリングシートは、ほとんどアルファベットだったので使うのは主に洋楽。 邦楽でも英語のアルバムタイトルでは使っていました。

よく使うAやO、Eなどはすぐなくなってしまい、あまり使わないQやZは大量に余っていました。 今は、パソコンやテプラなどのラベルプリンターで簡単に文字を作ることができますが、当時はそうではありませんでした。 こういったアナログな作業は、デジタル化された現代にはない楽しみでもあったと思います。

想い出のレコードやカセットテープをデジタル化、CD化する人が増えています。 CD化した際、ディスクケースにレタリングするというのも、昔を思い出す楽しい時間になるのでは?

レタリングシートの他にも転写シールなど、簡単に貼るだけでラベリングできるものがあるので、眠っているカセットテープの整理に活用してはいかがでしょうか。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。