永井博さんのイラスト

イラストレーターの永井博さんをご存知でしょうか。 ご本人を知らなくても、一度は彼の作品を目にしたことがあるのではないかと思います。

代表的な作品は、故・大瀧詠一さんの1981年のアルバム「A LONG VACATION」です。 ロンバケの愛称で知られるこのアルバムは、大瀧さんの大ヒット作品であり、その楽曲の素晴らしさと共に、アルバムジャケットも多くの人々を魅了してきました。

プール、プールサイドのデッキチェア、白いパラソル、青い空と遠くにかすかに見える水平線…。 青を基調としたこのジャケットは、音楽ともとてもマッチしていて、どれだけの清涼感をもたらしたことでしょう。 ジャケットを見ただけで音楽が聴こえてくるような、そんなイラストです。

「A LONG VACATION」は、発売から40周年を記念して「A LONG VACATION 40th Anniversary Editoin」を2021年3月にリリースし、大ヒットとなりました。

イラストを見ると、その世界が頭の中にどんどん広がっていく永井さんの作品。 そんな永井さんの世界観を味わえる作品集が、2021年に6月に3冊刊行されたばかりです。

タイトルは「POOLS」「CRUISIN’」「HUMAN NATURE」。それぞれ、プール、車と旅、人物をモチーフに描かれたもので、3冊ともアナログレコード7インチサイズです。

デジタルの時代に、レコードサイズというところが心をくすぐりますね。 見ているだけで、あの頃の夏が思いおこされるようです。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。