ブレッド&バター「PINK SHADOW」アナログ盤再発売

シティポップの名曲と言われるブレッド&バターの「PINK SHADOW」。この度7インチシングル盤の再発が決定しました。

1974年にリリースされてから、多くのファンに愛され、またさまざまなアーティストによるカバーもされてきた名曲。 中でも有名なのが「 IT’S A POPPIN’ TIME」という山下達郎さんのライブアルバムに収録されているもの。

筆者は、このアルバムで「PINK SHADOW」を知ったのですが、ある時を境にこの曲がさらに大好きになりました。 それは筆者の大好きなアーティスト角松敏生さんが、 ライブで「PINK SHADOW」をカバーしたからです。

ずいぶん前のことですが、なんとまあかっこよくて、今でも忘れられません。ゴージャスなアレンジと、情熱的に歌った角松さんのバージョンがすごく素敵で、それ以来この曲が大好きになりました。

そしてつい先日、これまた筆者の大好きなスターダストレビューの根本要さんが、自分のラジオ番組『Nack de Rock』で「PINK SHADOW」の弾き語りをしたのです。

角松さんと要さんと、大好きな二人がこの「PINK SHADOW」を歌ったことがなんだかすごくうれしくて、この曲に対する熱い思いが高まりました。ブレッド&バターの二人の声があたたかいので、レコードで聴いてみるとデジタルにはないあたたかさに、さらに包まれるのではないかと思います。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。