希少価値が高まるソノシート

ソノシートは通常のレコードよりも極めて薄い盤面に音が刻まれているため、雑誌の付録やメッセージカードとして普及しました。

もちろん、通常のレコード同様に商品として各主要レーベルが販売していた時期もありましたが、ソノシートが商標だったこともあり、フォノシートやシートレコードなど、各レーベルにより商品名は異なりました。

ソノシートは通常のレコード盤が高価だった時代に安価な設定で販売したこともあり、一般家庭に広く普及し、とりわけ童謡やテレビアニメ、特撮など、児童向けの分野で数多くの名録音を残しています。

ソノシートが発売された当初は、音質面で通常のレコードより劣るものもありましたが、時代と共に音質は改善され、モノラルの片面盤のみだったソノシートは、ステレオ盤や両面盤なども生産されるようになります。

しかし、ソノシートはレコードと同様、CDの登場により急速に市場から姿を消しました。ソノシートの音源は、ソノシート用に録音されたものが殆どのため、ソノシートだけでしか聞くことのできない貴重な録音が数多くあります。

興味のある方は、デジタル化された音源から試しに聞いてみるのもおすすめです。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。