面白い12インチシングル

レコード イメージレコードの発展に大きく貢献してきた職業にラジオDJやクラブDJの存在があります。

彼らが選ぶディスクによって、ヒット曲はもちろん、新しい音楽ジャンルも誕生してきました。そこで忘れてはならないのが12インチシングルの存在です。

12インチシングルとは、LPサイズの分厚い記録面に深溝で音を記録し、高音質なのはもちろんですが、7インチ盤よりも長時間の記録が可能なため、世界中のミュージシャンがこぞって新曲発表に採用しました。

いわゆるロングバージョンと呼ばれた12インチシングルの音源は、1980年代中頃に隆盛を極めますが、レコードからCDへと移行する頃には殆ど目にしなくなります。

しかし、通常の7インチ盤よりも音質が良く、LPのような扱い易さも相まって、12シングルはクラブミュージックを中心に見直され、現在ではアルバムを複数の12インチ盤でリリースするアーティストも増えてきました。

1980年代に発売された多くの12インチシングルは、大量に生産されたこともあり容易に入手できるので、興味のある方はレコードショップで探してみましょう。マニアックではありますが、邦人アイドルの12インチシングルは名盤が多くおすすめです

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。