音と対峙できるレコードの魅力

レコードの良さは、耳に優しい音質はもちろんですが、音を購入する喜びも同時に味わえる点でしょう。しかし、昔は町のあちこちに存在していたレコードショップも、今では店舗数が激減していて、レコードファンにとっては、こうした現状はとても寂しいものです。

大手のレコードショップは、取り扱いの殆どがCDやDVDといったソフトウェアが中心で、大きくレコードを展開している店舗は皆無に等しく、求めている音源を入手するのはなかなか難しくなってきています。

ただ、限定的ではありますが、現在でもレコードは新譜のリリースがあり、中古に関しても都市部を中心に現役で営業している店舗があるので、レコードの未来にまったく希望がないわけではありません。

レコードは、デジタル音源が主流となった現在において、やさしく温もりのある音が再評価されていますが、誰にも邪魔されることなく、音と対峙できるところも、レコードが再評価されている理由の一つなのではないでしょうか。

現在は、ネット環境さえあればいつでも気軽に音楽を楽しむことはできますが、ちょっとした息抜きを兼ねて、アナログの音をじっくり味わってみるのもおすすめです。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。