トランペット奏者 数原晋さんの訃報

少し前ですが、日本を代表するトランペット奏者の数原晋さんが2021年4月に亡くなっていたことがわかりました。

お名前を聞いただけではわからないかもしれませんが、ほとんどの人が絶対に聴いたことがあるであろう楽曲で、トランペットを吹いています。

それはテレビドラマ「必殺仕事人」と「北の国から」のテーマ曲です。 「必殺仕事人」の、敵を倒しに行く時などで流れる「チャララ~ン…」でおなじみの、あの衝撃的なフレーズを吹いているのが数原さんです。

「北の国から」は、さだまさしさんが歌う「あ~あ~あああああ~あ~…」のフレーズでおなじみの曲があります。 この曲のインストゥルメンタルのバージョンはドラマの中でよく流れますが、トランペットを吹いているのが数原さんです。 どちらも、とても有名な曲なので耳にしたことがあるのではないでしょうか。

数原さんと言えば角松敏生さんとのつながりが大きいです。

数原さんがリーダーとなって創ったビッグバンドTOKYO ENSEMBLE LABでは、角松さんをエグゼクティブプロデューサーに迎えて創ったアルバム「Breath From The Season」を1988年に発売。 どこまでも清涼感あふれるこのアルバム、何度くりかえし聴いたことでしょう。

夏にぴったりのこのアルバム、素晴らしい楽曲と素晴らしいミュージシャン陣の演奏に耳と心を奪われました。 海の写真のレコードジャケットがとても素敵で、音楽と共に異国の地へと誘ってくれました。

数原さんが亡くなっても数原さんが残した音楽は、いつまでも私たちの心に永遠にときめきを残してくれています。

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。