レコードと所有欲

レコードプレイヤーを持っていないのにレコードが欲しい…そう思ったことありませんか? 聴けないのに手元においておきたい…それが所有欲ですよね。

どうしても処分できないレコードがある。
手離してしまったけど…でもやはり持っていたくてフリマサイトをのぞいている。
レコードプレイヤーはもうないけれど、いつか買うつもりではいる。
そんな人、多いのではないでしょうか。

サブスクリプションが主流になり、CDすらも買わないと言う人が増えています。 何もアイテムを持たずデジタル音源だけで良い、という風潮もあります。

でも、筆者はやはりレコードでもCDでも気に入ったものはそのアイテムが欲しいです。やはり、デジタル上にあるものと自分が持っている物とでは、全く違うものだと思えるから。

サブスクは確かに便利で、気軽に音楽を楽しむことが出来ます。 でも、やはり本当に欲しいものは手に入れたい。 デジタルの時代だからこそ、昔のレコードって貴重ですよね。 レコードは大きく存在感があるので「持っている」という所有欲も満たしてくれますよね。

レコードを持っていると聴いてみたくなり、レコードプレイヤーを買うという購買欲もくすぐられるのではないでしょうか。 ゆっくりとレコードを楽しむという時間、もう一度つくってみませんか?

レコードのデジタル化

温もりのあるレコードの音はそのままに、CDへのデジタル化サービスを行っております。
デジタル化することでデジタルオーディオプレイヤーにも取り込め、気軽に音楽を楽しむ事ができます。