Wham!マクセルのカセットテープCM

クリスマスシーズンになると聴きたくなるのが、Wham!の「Last Christmas」。 1984年のリリース以来、永年愛されているクリスマスソングの定番曲です。

イギリス出身のWham!には、たくさんのヒット曲があり、世界でも日本でも大人気のポップデュオとなりました。 Wham!の活動は、1983年から1986年の解散までの短い期間でしたが、今でもあの時代の輝きは強烈な印象を残しています。

絶大な人気を誇ったWham!は、日本でマクセルのカセットテープUDシリーズのCMに出演。 曲は「Bad Boys」「Freedom」が使われていますが、どちらも歌詞がオリジナル音源と違い、CMだけのものになっています。 後に、メンバーの故ジョージ・マイケル氏が、「あれはジョークだった」と語っていたそう。

CMは計3本あり、UD Ⅱバージョンが2本、UD Ⅰ/UD Ⅱバージョンが1本です。 二人がダンスをしたり、空を飛んだりするCM、覚えている方も多いのではないでしょうか。

ノーマルポジションのUD Ⅰと、ハイポジションのUD Ⅱ。 このCMのUDシリーズは、音質やデザインがよく、とても人気があり、今でもこのカセットテープが一番好きだという人も多いようです。

ジョージ・マイケル氏は、2016年12月25日に亡くなりました。 クリスマスの日に…ということが、なんだかとても感慨深いものがあります。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。