カセットテープを高音質で記録する方法

カセットテープの需要が少しずつ高まる昨今ですが、カセットテープが隆盛を極めていた頃に存在したハイポジションやメタルテープは、残念ながら既に生産は終了していて、現行で入手できるカセットテープは、ノーマルポジションのみです。

ノーマルポジションのカセットテープは、もともと音楽再生を目的として製造されていたものではないため、他のポジションのカセットテープよりも音質が良くないというイメージが定着しています。

しかし、レコードショップで販売しているアーティストのアルバムは、ノーマルポジションにもかかわらず、高音質で楽曲を楽しむことができます。実は、ノーマルポジションでもコツさえつかめば、自宅でも高音質の記録が可能です。

今回はそのテクニックについてお伝えしていきたいと思います。押さえておきたいポイントは、カセットデッキのメンテナンスをまめにおこなうことです。定期的なクリーニングと消磁は基本中の基本です。

次に、録音レベルの調整です。ノーマルポジションは、傾向的に低音が強調されますが、ほんの少し録音レベルを上げることで、中音域と高音域に厚みが増します。ぜひお試しを。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。