まだまだ現役のカセットテープレコーダー

カセットテープレコーダーカセットテープを再生する際、専用のプレーヤーは必須ですが、初めて購入する場合は、録音機能のあるカセットテープレコーダーがおすすめです。

カセットテープレコーダーは、1970年代後半から1990年代前半にかけて数多くのオーディオメーカーが名器を世に送り出してきました。現在でも一部のオーディオメーカーに限られますが、カセットテープレコーダーは製造されています。

初めてカセットテープレコーダーの購入を検討されている方は、慣れない中古品を選ぶより、現行の新品を選ぶ方が無難です。理由としては、現行の商品ならメーカー保証が受けられるというメリットがあるからです。

また、現行の商品の中には、WAVやmp3といったデジタル再生用のファイルに変換できるモデルもあるので、自分のライフスタイルに合わせた選び方ができます。あとは、据え置き型にするかウォークマンタイプにするかに絞られてくると思います。

もし、自宅でゆっくりアナログの音を楽しみたい場合は、据え置きタイプのモデルを選ぶのがベストでしょう。据え置き型なら、プリメインアンプを経由させたピュアオーディオの世界を気軽に楽しむことが可能です。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。