シングルのカセットテープ

販売されている音楽のカセットテープというと、アルバムのイメージかもしれませんが、カセットテープが全盛期の1970年~1980年代には、シングルもカセットテープで発売されていました。

価格は、シングルレコードと同じで、だいたい700円ぐらいでした。 A面に1曲、B面に1曲という、レコードと同じ仕様です。

レコードが、シングル盤とLP盤とで大きさが違うのに対して、カセットテープは見た目の大きさが全く一緒。 レコードは、見た目でシングルかアルバムか判別できますが、カセットテープは、パッと見ただけではわかりづらい点がありました。

現在では、カセットテープでアルバムを出すアーティスト、歌手はいますが、シングルでのリリースは多くないかもしれません。 しかし、演歌歌手の人達は、今でもカセットテープでシングルをリリースしています。

演歌歌手のファンは高齢の方も多く、CDやデジタルなど新しいものになじみにくいため、使い慣れているカセットテープで販売しているようです。 ファンによりそう姿勢が感じられますね。

昔のシングルのB面の曲は、アルバムに収録されていないことも多く、レアな楽曲となっていることも。 そのため、中古レコード店やフリマアプリなどでは、レコードと同様にシングルのカセットテープが人気になっているようです。

欲しかったレアなカセットテープを見つけたら、劣化しないうちにデジタル化しておくのがおすすめです。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。