マスターテープを作る楽しさ

カセットテープが全盛を極めていた頃は、使用頻度やダビングしたいジャンルなど、目的に応じてカセットテープを選ぶことができました。会議や留守番電話にはノーマルポジション、音楽再生用にはハイポジションを選ぶのが主流でした。

当時の一般家庭では、現在のようなデジタルによるダビングは不可能でしたので、お気に入りのレコードなどをダビングする場合は、高音質の録音が可能だったメタルテープで記録して、それをマスターテープとして使用するのが憧れでした。

ただし、メタルテープで録音・再生するためには、それに対応したカセットデッキが必要だったため、カセットデッキさえあればメタルテープが必ず使用できたわけではありません。

もちろん、これはカセットテープをメインとした場合の話で、音質面を最優先した本格的なダビングとなると、当時はオープンリールテープによる記録がベストでした。

しかし、メタルテープもオープンリールテープも現在は現行の商品として購入することはできません。メタルテープに対応したデッキをお持ちの方で、使用可能な現物を入手できた際は、ぜひ他のテープとの音質の違いを味わってみてくださいね。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。