カセットテープは音質の劣化も魅力の一つ

カセットテープデジタルオーディオが主流となった背景には、アナログ時代では考えられなかったスクラッチやヒスノイズのないクリーンな再生音と、いつまでも劣化しない音質面が挙げられます。

また、デジタルオーディオはアナログよりも取り扱いが楽なのも特徴で、早送りや巻き戻しをしなくても瞬時に好みの位置から楽曲を再生することができるのに加え、ファイル化すれば何百ものアルバムをスマホなどに入れて気軽に外へ持ち出すことも可能です。

デジタルオーディオが普及したことで、音楽の楽しみ方は大きく変わったかのように見えましたが、アナログは衰退するどころか依然として需要が伸び続けていて、新譜をレコードやカセットテープでリリースするアーティストも増えています。

中でも、カセットテープは独特の圧縮された再生音が人気で、ローファイなサウンドを好むジャンルでは若い世代からも注目されていて、繰り返し再生することによる音質の劣化も、カセットテープならではの魅力として受け入れられています。

カセットテープの新譜は、ネットで気軽にチェックできるので、世代を超えて楽しめるアナログの音を皆で共感してみませんか?

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。