カセットテープオタク Night Tempoさん

Night Tempoというアーティストをご存知でしょうか。

VaporwaveやFuture Funkなど、主にインターネットでの音楽発信をしている韓国人のDJ、アーティストです。

インターネットだけにとどまらず、カセットテープ、レコード、CDの発売や日本のフェス参加やライブなども行っており、世界的に起こっている’80年代シティポップブームの中心人物の一人でもあります。

そんなNight Tempoさんは、日本人も顔負け?の昭和オタクなのです。とにかく日本の昭和、主に’80年代が大好きとの事で、カセットテープのコレクションがすごいのです。コレクションをアップしているInstagramのアカウントがこちら

お父さんが海外との仕事をしていたので、日本のお土産としてレコードやCD、WALKMANなどを買ってきてくれていたそう。そこから日本の音楽に興味を持ち、最初に好きになったのが中山美穂さん。そのプロデューサーであった角松敏生さんを好きになり、いろいろと聴くようになっていったとの事。

Night TempoさんのTwitterでは、日本の’80年代の懐かしい品々を紹介しており、まさに昭和オタク。オタクという言葉、その筋を極めているという最高のほめ言葉ですよね。Twitterアカウントはこちら

昭和を過ごした日本人の筆者でも知らなかったものを知っていたり、懐かしいものを持っていたりと、その知識には脱帽。30代前半の外国人である彼が、日本の音楽やものを愛してくれている事がとてもうれしいです。

Night Tempoさんを介して、新たな好奇心、探求心、コレクション欲が湧いてくるかも?欲しかったあのカセットテープを、探してみるのも楽しいかもしれませんよ。

カセットテープのデジタル化

押し入れや、クローゼットの奥で眠っているカセットテープを、当時と同じ音質に近い形でデジタル化するサービスです。デジタル化する事でスマホでも聞く事ができます。