本文へスキップ

カセットテープ レコード MDのデジタル化CD化高音質/ラジオ録音代行/ハイレゾ/ダビングサービス

お問い合わせ E-mail:t-a@bc4.so-net.ne.jp

〒420-0834 静岡市葵区音羽町16-27

名盤・おすすめ盤紹介 2019年3月19日

懐かしい名盤 Part187


Crosby, Stills, Nash & Young - Déjà Vu

1970年作品。
[Wikipediaより抜粋]
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングが1970年に発表したファースト・アルバム。
ビルボード200チャートの1位を記録した。
1969年5月29日にクロスビー、スティルス&ナッシュのデビュー・アルバム『クロスビー、スティルス&ナッシュ』が発売されたのち、コンサートでのサウンド強化のためにスティーヴン・スティルスのバッファロー・スプリングフィールド時代の同僚であるニール・ヤングがメンバーとして招聘される。
四者四様の個性を一枚のアルバムに収めるのは不可能に近く、どのメンバーの曲もしぼりにしぼった末に選ばれた曲である為に、みんな個性豊かで完成度の高い曲ばかりです。
以上がWikipediaからの抜粋でした。
映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌「Teach Your Children」を聴いてファンになりました。
ビージーズのテーマも良いですが、この「Teach Your Children」の方が親しみやすいように感じ、今でもこの曲を聴くと映画のシーンを想い出しますね。
勿論、それ以外の曲もgoodです。
ただ、今、こういうバンド、って見かけないですね。

A1 Carry On
A2 Teach Your Children
A3 Almost Cut My Hair
A4 Helpless
A5 Woodstock
B1 Déjà Vu
B2 Our House
B3 4 + 20
B4 Country Girl
B5 Everybody I Love You

前の日記へ→